イケてるTEDxを集めてみた

My favorite TEDx Events in terms of Event Production & Visuals

会場設計や広報・デザイン・ウェブサイトといった面でクオリティが高く、個人的に目標・ベンチマークとしてきた国内外のTEDxをまとめました。

TEDxMelbourne

オーディエンスの人数制限を300人のリミットも外してる大都市TEDx。オープニングでオーケストラが登場するとか規格外すぎる。当日にインスタのストーリーにありえんくらい動画を連投してて、その場にいない俺でも現地の熱気が伝わってきた。tedxutsukuba.comのウェブデザインのベンチマークの1つでもある。

TEDxSydney

メルボルンには負けへんでぇ!と張り合うのは決まってシドニー。なぜなのか。ライブ中継の会場にオペラハウス使うの贅沢すぎるやろ。オーストラリアやニュージーランドは日本との時差が小さいので、コロナ禍を逆手にとって彼らのオンラインイベントに参加してみてはいかが?

TEDxGlasgow

うわ、ここにもオーケストラおるやん。スピーカーがステージに立った時、スクリーンが頭の高さよりも上に来るようにして、人の影が被らないようにしたいよね、っていうアイディアは彼らからもらったんだよな。そういえば前にOrganizerのZoom meetupみたいなのに参加した時に、TEDxGlasgowの人のアクセントがえげつなくて、質問がまったく理解不能だった。Bastard!

TEDxLondon

オリジナルのPodcastをSpotifyで公開していたりと、色々とすごい。

TEDxSeoul

ウェブサイトの参考の1つ。英語があまり普及しておらず、トークもほとんどが自国語という点が、日本と韓国の共通点。ウェブサイトからポスターまで何かと多言語。

TEDxCMU

カーネギーメロン大学のTEDx。推しポイントはビジュアルデザインのカッコよさ。それとオンラインイベントのプラットフォームを自前で作っている(OSSで作られたものを流用してるだけというのは内緒)。

TEDx上海

どこか謎のヴェールに包まれている中国のTEDx。欧米諸国のTEDxってどこか似たり寄ったりなイメージがあるんだけど、彼らのイベントはちょっと毛色が違う。だからこそ新しいアイディアが転がっているかもしれない!

TEDxKobe

2019年9月のイベントに参加。2019年のイベントで、受付での対応から会場の動線設計に至るまで、来場者中心を意識するようになったのは間違いなくTEDxKobeの影響。

TEDxAkitaIntlU

秋田県にある国際教養大学のTEDx。2019年5月のイベントに参加。価値ある出会いを大切にしたい。

新型コロナウイルスへの対応

TEDxUTsukubaは、新型コロナウイルスの国内における感染拡大の抑止と団体メンバーおよび関係者の安全確保の観点から、以下の対応を実施しています。

Logo

Spread Globally,
Connect Locally.

This independent TEDx event is operated under license from TED.
About TEDx program

〒305-8577 茨城県つくば市天王台1-1-1

tedxutsukuba@gmail.com

© TEDxUTsukuba 2021