竹森ジニー

『Building Bridges through Translation』

つくば市在住の英国人翻訳家。泉鏡花『海異記』、幸田露伴『幻談』など近代初期や現代の作家による文学作品の翻訳を多く手がけてきた。以前は講談社インターナショナルの編集者やスペインに本部を持つ著作権エージェントに勤務していた。

情報が満ち溢れている現代社会において文学作品を読むことの重要性を唱えます。

※トークは英語で行われます。

0コメント

  • 1000 / 1000